So-net無料ブログ作成

「エディット・ピアフ その愛」-5 [「エディット・ピアフ…その愛」]

P1030925b-100.JPG ステージ構成台本
   
「エディット・ピアフ その愛」- 5

Edit.jpg

(前回からの続き)

                                                               



エディット
   「身の毛もよだつような私の半生。
            でもそれは、必ずしも汚(よご)れた人生ではありません。
            私は思い出します。貧困と逆境のさなかにあった少女時代、
            たった十フランのお金を得るために街角に立った夜のことを。
            私は一八でした。
            初めての男性プティ・ルイとの間に生まれたマルセルを病気で亡くし、
            埋葬する費用が十フラン足りなかったのです。

            『それっぽっちで人助けが出来るなんて、安いもんじゃないか。』
            私を拾ったその人は、十フランを握らせるとそのまま私を開放してくれたのです。
 
ホリゾントが再び空色に溶明する。
エディットの全身が柔らかい光の輪に包まれる。


エディット
   「見返りを期待せず、与えるだけの行為。
 
         もし、この男性が私を娼婦として扱っていたら、
 
            私は決して思いやりのある人間にはなれなかったでしょう。

 
            私は教えられ、実行しました。
 
           そして、無償の行為がどんなに純粋なよろこびをもたらすかを知りました。
 
           それが数え切れないほどの私の愛のかたちなのです。」


       「水に流して」 (私は後悔しない)





       
 
エディット
     「私の人生は奇跡の連続でした。
            私には恐れるものはなにもない。
            死すら私にとってはなじみの深いものなのですから…。」

その時、陰の声(女声)、厳かに聞こえる。

            〈この女は多くを愛したから、多くの罪は許される。〉

エディット
     「聖テレジア様。
            私は天に召されるその日まで、愛の歌を歌い続けるでしょう。
            貧困と富裕。真実と裏切。正常と狂気。殉教と背徳……。
 
          聖女と呼ばれるにはほど遠い生き方でしたが、
            今、私は胸を張って言える。

            私は決して後悔しない。
           人生を二度生きたのだから。」


躍動する光のエフェクト。
光の中で歌うエディット。


         愛の賛歌 





スポットの中に立つエディット。


---溶暗。

                                                                                                  〈幕〉


●Special Thanks
  全11曲の歌唱シーンでは、YOU Tubeにアップされているエディット・ピアフの
 ライブ映像と音源を使わせていただきました。
   hugoxgomezさん
    KeisEchoさん
  harusayuriさん
    MrMoonlightさん
  ondrejtisさん
  326appleさん
  ginninkingさん
  mofmediaさん
  dior1984さん
  5dddddismさん
    MajestyMy1さん
    cam6617さん
  FantasyChannelさん
 ありがとうございます。
こころから感謝申し上げます。
 


nice!(42)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 42

コメント 42

pace

「私は運が良かった」そう思って人生を逝く
そんな人生に乾杯ですね
by pace (2011-10-19 01:59) 

yakko

お早うございます。
壮絶な人生ですね〜 初めて知りました・・・
by yakko (2011-10-19 09:37) 

lamer

おはようございます。
見返りを求めず、与えるだけの行為。
それが愛ってものじゃありませんか。
by lamer (2011-10-19 10:55) 

sig

みいにゃんさん、はじめまして。こんにちは。
ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 11:09) 

sig

kurakichiさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 11:09) 

sig

paceさん、こんにちは。
運は掴むものでしょうか。巡ってきた運を運と捉えてつかむことも、結構難しいものですよね。でも、ものは考えようで、最終的に「私は運が良かった」と悟ることなんでしょうね。
by sig (2011-10-19 11:12) 

sig

セイミーさん
般若坊さん
          こんにちは。ご来館ありがとうございます。

by sig (2011-10-19 11:13) 

sig

yakkoさん、こんにちは。
彼女が生まれ育った環境と時代が、あの強烈な個性を育んだのでしょうね。
どうもありがとうございました。
by sig (2011-10-19 11:14) 

sig

お茶屋さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 11:15) 

sig

lamerさん、こんにちは。
「惜しみなく愛は奪う」という言葉もありましたね。
どうもありがとうございました。
by sig (2011-10-19 11:16) 

sig

okin-02さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 11:17) 

urara☆

最後の言葉は、歌手として、胸打つ、真実を感じる言葉ですね~♪♪♪
とても、見やすく、判り易くて、真実を持っているそんなピアフを知ることが出来ました(^-^)
by urara☆ (2011-10-19 14:53) 

うさ

歌がピアフそのものだったのでしょうか…。恋に落ちたり、堕落したり…けれど変わらずピアフのそばにあったものは「歌」。そういうことなのでしょうか。自分の人生…どう生きていこう…そんなことを改めて考えさせられたり…。貴重な記事をありがとうございました♪
by うさ (2011-10-19 22:33) 

sig

pikutama3さん、はじめまして。こんばんは。
ご来館ありがとうございます。

by sig (2011-10-19 23:14) 

sig

あらみてたのねさん
(。・_・。)2kさん
e-g-gさん
ChinchikoPapaさん
           こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 23:18) 

sig

seisさん、はじめまして。こんばんは。
ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 23:19) 

sig

uraraさん、こんばんは。
uraraさんが宝塚のステージで演じることをイメージして作りました。あはは。読んでくださってありがとう。
by sig (2011-10-19 23:22) 

sig

うささん、こんばんは。
人って、結構自分が傷ついているようで、他人も傷つけているようなんですよね。ピアフの伝記を読んで、そう思いました。
今回はちょっとマジでキメてみました。芸術の秋だから。うふふ。
by sig (2011-10-19 23:26) 

sig

えーちゃんaaaさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 23:26) 

sig

みさきさん、はじめまして。こんばんは。
ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 23:27) 

sig

マチャさん
八犬伝さん
           こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-19 23:28) 

アヨアン・イゴカー

母親の愛、それは見返りを求めないような気がします。父親の愛よりも、強い気がします。それは動物の本能的な愛だとも思います。雄は子孫の数を増やす使命、雌は生まれた子供達を自立するまで守る。
他人に対して、母親のような見返りを求めない愛を以って接することができる人間は、立派です。そんな人間は敬愛します。
by アヨアン・イゴカー (2011-10-20 00:07) 

響

わたくしも後悔しない人生を送りたいと思います。
(すでに後悔することばかりですケロ)
じっくり原音で聞いてみたくなりました。

by (2011-10-20 00:18) 

くまら

私はこういう生涯を送れるのだろうか?
そう考えながら読んでました
by くまら (2011-10-20 00:18) 

hi−ragi

後悔しないと言い切れるって凄いなぁ…
by hi−ragi (2011-10-20 17:53) 

ぼんぼちぼちぼち

エディット・ピアフは、今はなき 大好きでよく通った喫茶店「邪宗門」でかかってたので
その店の内装が脳裏に去来しやした(◎o◎6~♪
ありがとでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2011-10-20 20:33) 

sig

アヨアン・イゴカーさん、こんにちは。
ピアフの強烈な自己愛は、その育ちから出たものでしょうか。
逆説的ですが、彼女は結局、誰も愛さなかったのかもしれません。
by sig (2011-10-21 16:00) 

sig

nikiさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-21 16:01) 

sig

響さん、こんにちは。
いやあ、あのすごい勢いで響さんが後悔の人生を感じるなんてあり得ません。やはりカワセミ号、ブルーノ君・・・に感謝しなければいけません。

by sig (2011-10-21 16:05) 

sig

くまらさん、こんにちは。
あえて人生を難しくすることはないでしょう。普通が一番かもしれませんよ。笑 私なんか、そう思いながらも外れていましたけど。笑
by sig (2011-10-21 16:08) 

sig

りぼんさん
綾小路曽根斗麿さん
あいか5drrさん
あんれにさん
marimoさん
sanaさん
            こんにちは。ご来館ありがとうございます。

by sig (2011-10-21 16:10) 

sig

hi-ragiさん、こんにちは。
後悔なしの人生って、自由気ままに生きなければ得られませんね。それを通せた彼女は、やはり偉大だったんでしょうね。
by sig (2011-10-21 16:12) 

sig

ぼんぼちぼちぼちさん、こんにちは。
私は青春時代の10年間格子なき牢獄にいて外の空気が吸えなかったものですから、情操関係の記憶が欠落しているんです。特に音楽、演劇の類。「邪宗門」でコーヒーしたかったです。笑
by sig (2011-10-21 16:21) 

sig

キクさん
末尾ルコ アルベールさん
shin.shionさん
            こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-21 16:22) 

sig

市丸さん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-21 20:18) 

sig

路渡カッパさん
Ja-kou66さん
          こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-23 00:17) 

tomickey

やはり中国では動画が再生できず残念です(^_^;)
南京ではniceが押せないのでコメントにて失礼致します~
by tomickey (2011-10-23 23:26) 

sig

tomickeyさん、こんにちは。
中国では動画がうまくいかないのですか。お楽しみが半減ですね。
いつもコメントありがとうございます。
by sig (2011-10-27 13:51) 

sig

s_sさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。

by sig (2011-11-01 17:40) 

sig

hayama55さん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-11-12 23:00) 

YUKO

こんにちわ。
歌は好きでしたが、そんな人生を送った人だとは存じませんでした。文字通り「バラ色の人生」を送った人だと勝手に思っていました。
自分も、「後悔しない」と言い切れる人生の終わりをむかえたいものです。
by YUKO (2012-04-24 16:16) 

sig

YUKOさん、はじめまして。こんばんは。ご来館ありがとうございます。
永い人生ですから紆余曲折はあるでしょうが、苦労はしても、それが納得のいく人生を送りたいものですね。
by sig (2012-04-24 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。