So-net無料ブログ作成

「野良犬」に描かれた昭和 [映画が残した昭和のすがた]

P1030925b-100.JPG  映画が残した昭和-2
      終戦直後の代表的な、都心と郊外の姿

    「野良犬」(1949)


             IMGP0229.jpg

★この「映画が残した昭和」カテゴリーの趣旨は第1回に明示してあります。


 シリーズ第2弾は、黒沢明監督の「野良犬」を採り上げさせて頂きました。バスの中でピストルをスリに盗られた刑事が、強い責任感で犯人を捜して追い詰めるまでを描いた迫真のドキュメンタリー・ドラマ。

まだ焼け跡が残る終戦直後の東京。猛暑の中、復員姿で犯人の聞き込みに奔走する刑事。闇市の様子、公園にたむろするフーテン、夜の女、風俗営業やキャバレーなど猥雑な都心の風俗と、住宅地として開発される前の荒涼とした郊外の状況をこれほど鮮明に見せてくれる作品は他に類を見ません。



■この映画に描かれた昭和のポイント

・警察の内部

・闇市の様子、民衆の服装

・盛り場、マンモスキャバレー

・流行歌

  当時の社会情勢を流行歌の連続で綴って見せた手腕は、高く評価されています。

・郊外の様子
映画に登場する鉄道は小田急線。
刑事が犯人を追いつめ、逮捕する湿地のあたりは町田市とか。(大泉学園の説もあり)
映画では壮絶な犯人追跡劇と対称的に、新築成ったばかりの文化住宅から、穏やかなピアノの音が聞こえてくる。ラストは、力尽きて倒れたままの二人の彼方を、子供たちが童謡を歌いながら通っていく…という印象的なシーンを構成しています。





■「野良犬」データ

製作会社 新東宝

製作年度 1949 

監督   黒沢明

主演   三船敏郎 木村功 志村喬 淡路恵子 岸輝子 千石規子

仕様   モノクロ スタンダード

上映時間 122



■メモ

◎犯人につながる容疑者が、後楽園球場の野球を観戦しているシーンがありますが、これは実際の巨人/南海の歴史的な対戦の様子で、赤バットで鳴らした川上選手が活躍しています。   
◎黒沢明監督を敬愛するスティーブン・スピルバーグ監督が、デビュー作「激突」(1972)の酒場のシーンで、「野良犬」の主人公が犯人の靴に着目するところを応用し、オマージュを捧げていることは有名です。

●このような視点でこのカテゴリーを展開しようと考えましたが、著作権の壁が立ちはだかっています。過去の著作は多方面に文化的に活用されることで更に真価を発揮すると思うのですが、現状では無理のようです。この企画はテレビ局の特番でぜひ実現していただきたいものです。
一日も早くネット時代にふさわしいフリキシビリティを備えた著作権の新しいフレームが確立することを願いながら、このカテゴリーは2回でおしまいにしたいと思います。


nice!(50)  コメント(60)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 50

コメント 60

pace

やっぱり引っかかったようです 動画は見られませんでした
私の産まれる前の作品ですからテレビで見た記憶があります
淡路恵子がこどもごごろにも素敵だった(笑)
by pace (2011-10-25 03:17) 

lamer

中学頃ですが・・・見てないですね。
題名には見たか聞いたかの記憶があります。
by lamer (2011-10-25 14:48) 

くまら

あらすじ読んでたら、観てみたくなりました
借りてみようかしら^^;
by くまら (2011-10-25 20:19) 

OMOOMO

見てみたいです。木村功が渋いですね。
by OMOOMO (2011-10-25 22:31) 

路渡カッパ

ん〜、残念です。黒澤作品のビッグタイトルなのに、まだ観ていませんでした。
ま、DVDでも購入すればイイのでしょうが・・・
ポスターを見るだけで充分昭和の匂いはしますけどね。(^_^ゞ
またカタチを変えてこのようなカテゴリーをお願いします。
by 路渡カッパ (2011-10-26 01:00) 

urara☆

今では、ノスタルジックでありながら、パンチがあり、新鮮に見えるポスターですね~♪
全く知らないのですが、あらすじのおかげで、私も見てみたくなりました^m^
by urara☆ (2011-10-26 13:25) 

mwainfo

確か、「朧月夜」が流れていたと思います。強烈な印象でした。
by mwainfo (2011-10-26 17:42) 

sig

paceさん、こんばんは。
この映画ほど戦争直後の風俗を端的に描いた作品を私は知りません。動画ではその最高の描写シーンをつないだのですが、残念です。予想はしていたのですが(確信犯?)、なんか やる気がなくなりました。
by sig (2011-10-26 19:33) 

sig

ともちんさん
nikiさん
お茶屋さん
           こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-26 19:34) 

sig

lamerさん、こんばんは。
私もこの映画をリアルタイムでは見ていません。リバイバルかTVだと思います。機会があったら、ぜひどうぞ。
by sig (2011-10-26 19:36) 

sig

めいさん
kawaremiさん
めぇさん
           こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-26 19:37) 

sig

般若坊さん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-26 19:37) 

sig

くまらさん、こんばんは。
現在の海外の事件物ドラマとちがって、とても日本的な感覚のドラマです。
日本にこんな時代があった、ということを若い世代の皆さんに見てほしいのです。

by sig (2011-10-26 19:43) 

sig

ChinchikoPapaさん
kurakichiさん
yannさん
八犬伝さん
キクさん
            こんばんは。ご来館ありがとうございます。

by sig (2011-10-26 19:45) 

sig

OMOOMOさん、こんばんは。
この作品は木村功の代表作ではないでしょうか。三船敏郎もいい男ですよね。
by sig (2011-10-26 19:47) 

sig

路渡カッパさん、こんばんは。
予想通り×になりました。すみません。ただ私としては、記事下にも書きましたが、ネットでの著作権の許容範囲について、もっと柔軟にしてほしいという思いで一石を投じたつもりです。私の企画はみんな著作権に触れるギリギリの線でやってるみたいですね。笑
by sig (2011-10-26 19:53) 

sig

ryo1216さん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-26 19:54) 

駅員3

この作品は見たことがありません。
是非とも観てみたいです。
早速TSUTAYAに行ってみます[exclamation×2]
by 駅員3 (2011-10-26 19:58) 

sig

urara☆さん、こんばんは。
動画が見られたら、もっとこの映画を観たくなるはずです。そういうつもりでこのカテゴリーをすすめるつもりだったし、そう言っていただくことが最高の褒め言葉です。
でも決まりだから、とにかくこういうことは×なんです。
by sig (2011-10-26 19:58) 

sig

okin-02さん
mwainfoさん
           こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-26 19:59) 

sig

駅員3さん、こんばんは。
とてもうれしいです。TSUTAYAでなくても、うちに来てください。120インチで上映しますよ。
by sig (2011-10-26 20:02) 

sig

ぼんぼちぼちぼちさん
sazanさん
masao。さん
          こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-27 13:56) 

sig

nullさん、はじめまして。こんにちは。
ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-27 13:57) 

般若坊

著作権の問題があるのですね。どの部分が引っ掛かるのでしょう?動画なら転載禁止にすればいいし、解説については百人が百葉の評論があるわけですから、著作権なんか関係ないと思うのですが・・・
by 般若坊 (2011-10-27 20:14) 

sig

般若坊さん、こんばんは。再訪、ありがとうございます。
法律では他人の著作物を無断で利用するのは絶対に認められていません。それを承知で(確信犯?)やってみたら、案の定杓子定規で片付けられたようです。私は旧い著作物は文化遺産としてもっと共有されることを願っています。その一例としてこの企画を提示したのでした。YOUtubeでは「二十四の瞳」やその他の日本映画も部分的に見ることができます、私の×印は1本の映画を7分に勝手に切り詰めたことだと思っています。私はこのやり方で20本程度のシリーズを通して昭和30年代までを回想するつもりでした。ちょっとブログをやる気をなくしています。 般若坊さんのコメント、うれしいです。
by sig (2011-10-27 20:47) 

Silvermac

昭和24年の映画ですね。高1でした。
三船敏郎出演映画は殆ど観ています。
by Silvermac (2011-10-27 22:12) 

般若坊

Sigさん 解説ありがとうございます。結局は他人の著作物をいじくったことによるクレームですね!わたしも全て公開されているYoutubeを転載して使用させてもらっています。画像、動画、音楽にしても公開されたものです。
ただ気を付けていることは、著作者の名前や、タイトルや画像は極力そのままにして、出所を明確にする姿勢で利用させてもらっています。でも作りだめしてあるブログの動画なんかは時々Youtubeから削除されている物がありますね。クレームがついたためでしょう。
云わしてもらえば、公開しておきながら転用不可の処置をとっていないのが、悪いと思いますが・・・
私はそれぞれの著作物の紹介のつもりで、ブログに載せています。これからも紹介の姿勢で臨みます。あまり落胆しないでくださいね!
by 般若坊 (2011-10-27 22:35) 

駅員3

おはようございます[わーい(嬉しい顔)][手(パー)]
旧車祭は12月11日日曜日です[exclamation]
昨晩の記事にチラシをアップしました[車(セダン)]
by 駅員3 (2011-10-28 05:26) 

yakko

こんばんは。
三船敏郎さんは日本人離れした風貌ですよね〜
若い頃は精悍なお顔ですね〜 出演された映画は良い作品ばかりです。
by yakko (2011-10-28 19:39) 

sig

マチャさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-29 08:51) 

sig

SilverMacさん、こんにちは。
私はリアルタイムでは観ていないのですが、かなり後になってTVで始めて見て、そのドキュメンタリーなタッチにすっかり魅了されてしまいました。日本映画の中で大好きな作品の一つです。
by sig (2011-10-29 08:54) 

sig

般若坊さん、こんにちは。
著作権に対する監視は、実際は人間が一一見ているのではなく、特定の用語を標的にした検索ロボットのようなものが常に巡回していて、有無を言わさずマークするのでは、と思います。ですから、瞬時にマークされてしまいます。ただ、同じ「二十四の瞳」でも、たくさんYOUtubeに載っていますから、どこかで人が関与して、○と×を振り分けているのでしょうね。私の姿勢も般若坊さんと同じで、それらを紹介する意味も含めてやっています。そのあたりを汲取れるのは、法律じゃなくて人間なんですけどね。
by sig (2011-10-29 09:06) 

sig

ぐすさん、はじめまして。こんにちは。
ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-29 09:07) 

sig

gillmanさん
Norryさん
          こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-29 09:07) 

sig

yakkoさん、こんにちは。
いろいろな役柄をこなせた大スターですよね。男の中の男とはこういう人をいうのでしょうね。娘さん・三船美佳?さんもすてきですね。
by sig (2011-10-29 09:11) 

sig

e-g-gさん
flutistさん
sanaさん
           こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-29 09:12) 

sig

駅員3、わざわざありがとうございます。
マークしておきますね。楽しみにしておりま~す。
by sig (2011-10-29 09:13) 

tomickey

きょうは珍しくniceが押せます~(^_-)
by tomickey (2011-10-29 13:21) 

sig

tomickeyさん、こんばんは。
はるかかなたからのnice、ありがとうございま~す。
by sig (2011-10-29 23:21) 

sig

あんれにさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-29 23:22) 

sig

rebeccaさん
まるまるさん
アヨアン・イゴカーさん
          こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-30 22:01) 

アヨアン・イゴカー

この映画は、好く作られている映画ですね。三船も木村功もとても好かった。確か、横浜の風俗街のような場所が使われていますね。監督も俳優もかなり危険を犯して(暗黒街の人々が実際に多く写っているようですが)路上で撮影をしたようですが、そのことを黒澤明が北野武との対談で語っているビデオをソネットブログのどなたかの記事で拝見しました。
by アヨアン・イゴカー (2011-10-30 22:04) 

sig

アヨアン・イゴカーさん、こんばんは。
この作品が登場する前年、1948年にアメリカのジュールス・ダッシン監督が「裸の町」という名作をニューヨークのオールロケで撮り、セミ・ドキュメンタリー手法の嚆矢とされていますが、図らずも黒沢監督も戦後のどさくさの雰囲気を出すために同様の手法を考えたのでしょうね。すばらしいリアリティですよね。黒沢作品の中で大好きな作品です。
by sig (2011-10-31 00:25) 

般若坊

sig さん Re-Start !!

by 般若坊 (2011-10-31 08:44) 

sig

般若坊さん、こんにちは。
あははは・・。うれしいですね。実は次回の作品も編集済みなんです。
でも、動画が見られないと主旨が生きないのですよね。自分のブログでは見られるのですが・・・。

by sig (2011-10-31 11:34) 

sig

NO14ruggermanさん
greenさん
          こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-31 11:34) 

響

マンモスキャバレーなんて
昭和らしいですよね。
こちら地方ですのでマンモスは
ありませんがネオンギラギラのホールが
昔はたくさんありました。
大人になったら行こうと思ってましたが
なくなりました。
by (2011-10-31 18:21) 

S_S

この頃の日本映画って
今の日本の原動力のような時代ですもんね
産まれてもいませんが、とても興味の沸く時代の作品です^^

by S_S (2011-10-31 19:03) 

sig

あいか5drrさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-10-31 21:37) 

sig

響さん、こんばんは。
昔は一つのものが流行ると、みんな「右へ倣え」で、みんなが同じことをしていました。だから、それが一斉に発展したんですね。遊びも技術も文化も、です。そのための「大量生産」で日本は急速成長したといっても過言ではないでしょう。響さんの時代は「個性尊重」の時代です。大量生産は効かず「多品種少量生産」です。それで経済は滞ってしまいました。どっちも一長一短がありますね。去年、川崎でキャバレー「ロンドン」の看板を見かけました。入ったことはないけど、懐かしかったなあ。
by sig (2011-10-31 21:52) 

sig

S_Sさん、こんばんは。
この時代の日本映画は黒澤明をはじめ小津安二郎、木下恵介など、のちの巨匠が群れを成していましたね。このころから1960年代が、一番日本映画が華やかだった時代ではないでしょうか。
by sig (2011-10-31 21:56) 

あら!みてたのね

こんばんは。
記憶が定かではありませんが、テレビの黒沢監督シリーズで観たような・・・!?
by あら!みてたのね (2011-11-01 19:45) 

sig

あらみてたのねさん、こんにちは。
黒沢作品はTVではもう何回も放送されました。だから、ブログで扱うのは許していただきたいですね。笑
by sig (2011-11-02 13:10) 

sig

Ja-kou66さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-11-02 13:10) 

うさ

著作権問題は…本当に面倒ですよね ;_;
けれど、それで本当に守られている部分もあるから一概に否定はできないですけれど。youtubeも見られなくて残念でした。
とはいえ、
>映画に登場する鉄道は小田急線。
とか、こういう細かな資料、さすがsigさんだなぁ〜って感心しています。情景が何となく想像出来てきて、むしろ見たことない人がsigさんが書いてくださる文章で、想像力を拡げていく世界も楽しくて「あり」かもしれないなと思います^^

by うさ (2011-11-02 18:44) 

sig

うささん、こんばんは。
この日本映画のカテゴリーは、昔の映画の中に写しこまれている昭和の姿を、あたかも昆虫採集の標本のような形で展望するということの他に、うささんのおっしゃる通り、この記事に触発されて、その映画を観たいと思う人たちが現れることがねらいでした。手元にある日本映画は2本(日本映画だから),じゃなくって、結構あるので、OKなら30回くらいは続けるつもりでした。そうすれば私の意図をもっと理解していただけたと思います。
by sig (2011-11-04 23:07) 

sig

yhiga-shiuraさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-11-04 23:07) 

sig

hayama55さん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2011-11-12 23:04) 

サンフランシスコ人

6/21 「野良犬」をサンフランシスコの近くで上映します....

http://www.bampfa.berkeley.edu/event/stray-dog-4
by サンフランシスコ人 (2017-05-13 07:07) 

sig

サンフランシスコ人さん、こんにちは。
古いブログを見てくださってありがとうございます。黒沢作品は個人的には初期(といっても戦後に作られたものの方ですが)の作品が好きで、この作品は一番好きかもしれません。サンフランシスコで上映されるのですね。薄幸で多少擦れたような淡路恵子が良かったですね。
by sig (2017-05-13 07:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。