So-net無料ブログ作成
新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋 ブログトップ
前の6件 | -

「銀座シネパトス」と「歌舞伎座」 [新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋]

P1030925b-3.jpg  

「銀座シネパトス」と「歌舞伎座」
消え行くものと、生まれ変わったものと。


20130225135203(1).jpg

20130225130856(1)2.JPG


3月末。

銀座のど真ん中。

60年以上も親しまれてきた地下映画街が終焉を迎え、

一方で、真新しく蘇った劇場が開場を待っている。

前者は異色のプログラムで精彩を放ってきた「銀座シネパトス」。

後者は伝統芸術の殿堂「歌舞伎座」。


華やかに幕を開ける「歌舞伎座」に杞憂はない。

けれど、「インターミッション」のタイトルで幕を閉じる「銀座シネパトス」には、

樋口尚文監督が込めた願い通り、

耐震建築に生まれ変わって、必ず蘇ってほしい。


ほぼ向かい合わせの場所にある二つの建物の去就に

ある種、運命的なものを感じた、春先の一日だった。



●「銀座シネパトス」のラストショーは「インターミッション」。3月31日まで上映中。

●「歌舞伎座」新開場「杮葺落四月大歌舞伎」は4月2日より。



                                                                               movie by sig

●関連記事
・「名画座は昭和の香り」 http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-05-14
・「日本映画事始め」    
http://fcm.blog.so-net.ne.jp/2009-10-16



                                                                               movie by sig

ニッセン 【300*250】アウトレット NEC Directキャンペーン

祝 東京駅リニューアルオープン [新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋]

P1030925b-3.jpg         祝 東京駅リニューアルオープン

20120924142928(1).jpg

20120924132551(1).jpg

1914-3.JPG

1914-222.JPG


●東京駅関連記事

◎4年前の新聞記事。その後が気にかかる。

 http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2011-09-03

◎タテもいいけど、ヨコもいい。
 http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-04-20

◎東京駅リニューアルオープンは10月1日。
  http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-09-24
 

 

◎東京駅→有楽町駅 昭和散策

 http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-07-06


見逃すなかれ、日本橋のクリスマス② [新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋]

P1030925b-100.JPG   新橋から日本橋へ。中央通りを歩く―⑦
 
           日本橋三越のクリスマス
★写真をダブルクリックすると全画面で鮮明に見られます。(こちらの画面よりきれいです)

20111130170305(1).jpg

        20111130170354(1).jpg

昭和は、デパートがいちばん華やかな時代だった。

豊かに、楽しく、という消費生活のニーズは頂点にまで登りつめ、
ほしいものが何でも揃う。
それに応えたのは、デパートだった。 

屋上には、回転観覧車やミニ鉄道、モノレール。
店内には大食堂。
紳士、婦人、子供、幼児に向けての売り場構成。
衣料品、服飾品、装身具、和装、洋装、寝装品…。
四季おりおりに開かれる、お得意様ご招待の特別セールの大賑わい。
カメラ、テレビはもとより、冷蔵庫、洗濯機などの電化製品、
玩具に家具まですべてが揃った
日常的なテーマパーク。
それがデパートだった。
 

日本橋をはさんで南北に位置する高島屋と三越。
この老舗の2店舗は、何十年も昔から人々のしあわせを見つめ続けてきた。
今年、開戦70周年。(1941.12.8 真珠湾攻撃により太平洋戦争へ突入)
昭和20年(1945)の敗戦から今日までの庶民の歩みは、
それまでの生活をリセットし、ゼロからの再出発を図るものだった。

そんな庶民が抱いた夢と、たくまざる生活史が、
スーパーではなく、
ショッピングモールでもなく、

デパートには鮮明に刻まれているような気がする。                         


P1180332.JPG P1180327.JPG
●日本橋三越本店新館      ●写真左側手前が三越

20111130171607(1).jpg
●ライオン像あっての三越。

●ショーウィンドウ全体が動物たちのコンサート会場。あなたにはどんな音楽が聞こえますか。
20111130172012(1).jpg 20111130172049(1).jpg

     20111130170827(1).jpg
    
             20111130170854(1).jpg     

         20111130171236(1).jpg

20111130171236(3).jpg 20111130171236(2).jpg

20111130171338(1).jpg 20111130171326(1).jpg

           20111130171119(1).jpg 

      20111130171102(1).jpg     

      20111130171119-b.JPG 20111130171119b.JPG 

20111130171147(1).jpg

   20111130171147(2).jpg
           

         20111130171715(1).jpg

         P1180322.JPG

P1180325.JPG P1180326b2.JPG
●どんなディスプレイにも勝る、三越の象徴「吉祥天女像」(1960.4.19~)



三井越後屋.JPG
●三越の前身 江戸期・三井越後屋呉服店前のにぎわい  『熈代勝覧』より

P1180652.JPG P1180655.JPG
●三井越後屋呉服店の店内 歌川豊春
 「現銀掛け値なし」という、現代の商法に通じる新方式を打ち出したことで有名。

P1180606.JPG 1921 三越呉服店.JPG
●明治37年(1904)、三井呉服店が株式会社三越呉服店となる。
 このポスターは大正3年(1914)、日本橋新館落成を告知するもので、
 右の写真は大正10年(1921)のもの。
 鉄筋5階建て、エレベーター付きの建物(写真右)は現在の日本橋三越本店に名残を留めている。

1905 三越メッセンジャーボーイ.JPG
●明治38年(1905)末、わが国最初の百貨店・三越誕生。
 新しいサービスのイメージリーダー、三越メッセンジャーボーイ

大正期 三越.JPG
●大正3年 三越新館落成。
 エレベーター、エスカレーター、暖冷房完備。
 百貨店は庶民にも受け入れられ、にぎわう三越店内

P1180316.JPG
      P1180302.JPG
      ●現在の日本橋三越本館



 


見逃すなかれ、日本橋のクリスマス① [新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋]

P1030925b-100.JPG 新橋から日本橋へ。中央通りを歩くー⑥          
     日本橋高島屋のクリスマス


20111130162410(1).jpg
●日本橋高島屋のショーウィンドゥ

P1180343のコピー.jpg P1180353_edited-1.jpg
●日本橋           ●日本橋から高島屋(京橋方面左側)を望む
             
20111130163907(1).jpg
●日本橋高島屋


日本橋は東京の中心、芯である。
芯は「心」、「こころ」に通じる。
その昔、ここから全国に向けて拓かれた街道が、日本人のこころをひとつにした。
日本橋では、江戸の昔から連綿とつながる時間を感じる。
ここを歩くと、
そのベルトコンベア上でゆっくりと移動している自分を感じる。

新橋から中央通りを一直線…。
たどり着いた日本橋の夜は、クリスマスの装いを見せてはいたが、
例年と違うところは、どこかしめやか。
未曾有の災難が襲い掛かった試練の1年をいたわるように、
鎮魂と祈りを深めて、静かに暮れようとしている。


20111130161638(1).jpg
     20111130162122(1).jpg
20111130162301(1).jpg20111130162410(2).jpg
     20111130162234(1).jpg
20111130163748(1).jpg
     20111130163622(1).jpg
         20111130163454(1).jpg

20111130163248(1)_edited-1.jpg
      20111130163203(1).jpg
20111130163103(1).jpg
         20111130162758(1).jpg
P1180082.JPG 20111130162826(1).jpg            

    P1180345 - コピー.JPG
    ●日本橋から京橋方面を望む

    1921 日本橋上から京橋方面を.JPG
    ●大正期 日本橋から京橋方面を望む


すべての道は「日本橋」に通ず。 [新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋]

P1030925b-100.JPG   新橋から日本橋へ。中央通りを歩くー⑤ 
                     
 日本橋


20111130164502(1).jpg
●暮れ行く日本橋(上)と明け行く日本橋(下)
P1180534.JPG
●歌川広重「東海道五拾三次」日本橋  日本橋…それは五街道の起点


銀座は、一時期のブランドショップ出店ブームが一段落した感じ。
今、躍進目覚ましいのは、改築中の東京駅を中心とした丸の内側。
そして京橋、日本橋だ。
今世紀に入って見上げるほどの高層ビルが林立し、
更にあちこちで大規模なビル建設が進行している。

聞けば今年は「日本橋架橋200年」にあたるのだそうな。
その祝祭イベントのパレードが先月末に華々しく行われたようだ。
この地で発祥し、この地を拓き、発展してきた大手デベロパー、
その腕の振るいどころ、見せどころだ。
とにかく、目標があるのはいいことで、
中央通り沿いは、不況どこ吹く風という威勢のいい躍動を見せている。

P1180267のコピー.jpg●日本橋
                  
P1180268のコピー.jpg  
      
             ●上2枚 「日本橋百年祭」11月末終了 

P1180526のコピー.jpg

          P1180367の.jpg
          ●10月28日 三井不動産の全ページ広告

DSC01105.JPG●東京メトロ「三越前」地下コンコースに展示DSC01118-2.jpg
●三井不動産の広告で扱われていた「煕代勝覧(きだいしょうらん)」の全幅展示とその部分 


■日本橋の変遷

1921 日本橋上から京橋方面を.JPG●日本橋の上から京橋方面を望む 1921

日本橋周辺.jpg

          日本橋.JPG
                             
 P1180581_edited-1.jpg         
                 
●関東大震災直後の様子 1923.9.2以降
         
     1928 日本橋.JPG
      ●日本橋 1928
                  IMGP0304_edited-1.jpg
                  ●東京オリンピックに向けて高速道路建設中 1963頃

日本橋の橋そのものはメジャーすぎて、珍しくもないだろう。
ブログでも、詳しい地誌を解説したすばらしい探訪記事が目に付く。
けれども日本橋と言うからにはパスはできない。
おなじみの情景を数点アップしてお茶を濁しておこう。 

IMGP0294.JPG P1180290.JPG
              ●道路元標   
P1180288のコピー.jpg P1180289のコピー.jpg

P1180272のコピー.jpg P1180274のコピー.jpg P1180278のコピー.jpg 
             ●東京都のマーク     上の写真3枚、彫刻は渡辺長男氏の作

もう30年近くも前。
ある印刷関係の会社に縁があった。
新しい事業として映像に取り組んでいるとのことだった。

「印刷会社が映像を?」と聞くと、
「わが社の事業は紙に印刷するだけではありません。
 それは従来のインクで印刷するだけではないということです。
 紙以外のどんな素材でも、凹凸のあるものにも印刷可能な
 
特殊な樹脂を使ったインクを開発しています。
 水面に印刷する技術も完成しているんですよ。
 現在、印刷ができないのは空気だけです」とのことだった。

「今、進めているのは磁気テープの応用。
 
銀行の通帳に磁気テープが貼られるようになりましたが、
 
まもなく電車の切符の裏側に磁気を印刷したものが登場しますよ」。
とのことで、間もなくその通りになった。

「コンピュータ社会が進むと、至る所で改革が求められます。
 
コンピュータはビジュアルを加速させます。
 
印刷はビジュアルの分野。
 だから、同じビジュアル系の「映像」を
積極的に展開していくのです」
 
ということで、私にとっての新しいクライアントが誕生したのだった。 

SN3R0017.JPG 
●中央通り 奥は日本橋高島屋。


その後この会社は、登場したばかりのパソコンの先を読み、
半導体関連に応用分野を広め、
インターネットのコンテンツやバーチャルリアリティの研究などを
進めて行くことになる。

日本橋に行く用があると、
<お江戸日本橋>というほど昔ではないが、
30年も前、現役真っ盛りの時代を懐かしく思い出す。

日本橋から暮れなずむ川面を眺めていたら、
どこからか控えめな音楽が漂ってきた。
なじみの曲。…そう、暮れの風物詩が始まっているのだった。

          P1180341のコピー.jpg

          P1180342のコピー.jpg

          P1180335のコピー.jpg

          20111130165127(1).jpg

          20111130165524(1).jpg

          P1180346のコピー.jpg  

      20111130164943(1)_edited-1.jpg
       ●日本橋の上から京橋方面を望む

                    次回、 日本橋高島屋のクリスマス
                       次々回、日本橋三越のクリスマス へ つづく


●8月からパソコン不調が続き、記事Upも訪問も思うに任せません。
 どうぞご了承くださいますように。


P1180583-2.jpg P1180588-2.jpg
●「昭和館」もちょっとだけクリスマスムードを。
 うささんにヒントをいただきました。


デル株式会社
タグ:日本橋

八重洲のガストで ビックリ! [新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋]

P1030925b-100.JPG 新橋から日本橋へ。中央通りを歩くー④ 

         八重洲

P1170537のコピー.jpg●東京駅八重洲口
     P1180231のコピー.jpg
        P1180261のコピー.jpg
         ●東京駅八重洲口 鉄鋼ビル(手前)と高層ビル群

     P1180516.jpg
     ●東京駅前のにぎわい 1914(T3) 丸の内側か?

新橋から日本橋を目指して中央通りを歩いてきたが、
東京駅八重洲口につながる八重洲通りに至ると、
つい左折して八重洲界隈も歩いてみたくなる。

P1170544のコピー.jpg 
●八重洲通り(東京駅八重洲口前) 


P1180524 ルート.jpg
●今回は中央通りからそれて、東京駅八重洲口をぶらついた。

P1180059のコピー.jpg
●八重洲側から見た丸の内側の風景

東京駅をはさんで西方は千代田区丸の内だから、
威厳のある高層ビルが立ち並び、
よそ行きの顔をしたオフィス街だが、
反対側の中央区八重洲は、都心ならどこでも見られる気安い表情をしている。
小路には日用品や生活雑貨を売る店や、サウナやカラオケ。
仕事帰りに気軽に立ち寄って飲めそうなお店があったりして
人懐こい親近感を漂わせている。

P1170559.jpg P1170558.jpg P1170557のコピー.jpg

P1180251のコピー.jpg P1180253のコピー.jpg


P1180236のコピー.jpg

「さくら通り」はその名の通り、歩道の両側は桜並木。
春にはさぞきれいな花のトンネルが見られることだろう。
日頃なじみの府中市の「桜通り」とあまりにも感じが似ていて、
ここが都心かと思ってしまう。

P1180234のコピー.jpg  P1180235のコピー.jpg

P1180237のコピー.jpg P1180239のコピー.jpg

P1180238のコピー.jpg

気が付くと時間は昼時を大きく回っていて、
天ぷら、うなぎといった、いかにも老舗らしきお店は暖簾を外していた。
インド料理店も夕方までお休みだという。
さあて……と見回すと、
目の前に「ガスト」。
こんなところにも「ガスト」とは。
なじみのロゴに吊られて、ごく自然に足が向かってテーブルに座れば、
とりどりのメニューは眼中になく、好物のハンバーグに目が行く。
390円。えっ。390円? しかも単品でなくセットで? 

30年ほど前に(たしか)350円だった吉野家の牛丼。
それが「ガスト」では、
鉄板ジュウジュウ焼きの「チーズinハンバーグ」に
ライスとサラダ。それにスープまで付いて、何と390円だという。
戦後生まれは大喜びで、迷わずオーダーしたものだ。
もちろん味は上々。
それもそのはず。普段は890円のメニューとのこと。
大東京のど真ん中で、信じられないほどのお値段。
 
帰って話すと、「今日、コマーシャルでやってたわよ」。
たまたま特別サービスデーで、ラッキーな日に当たったわけだ。
ただ、安くておいしいのは大歓迎だが、これだけの確かなメニュー、
材料費、水道光熱費、調理・サービスの人件費込みで割に合うはずがない。
いかに競争とはいえ、390円に設定しなければならないという時代は、
やはり、どこかおかしい、と思う。 

P1180522_edited-1.jpg ●料理を撮り忘れたので、せめて証拠のレシートでも。

「さくら通り」を東に抜けたところが中央通り。
この連載のメインストリートだ。
角が「丸善」。

P1180065のコピー.jpg P1180069のコピー.jpg

        関東大震災以前の丸善.jpg●関東大震災以前の「丸善」

P1180071のコピー.jpg

東京や日本橋に出かけると必ず立ち寄った所が
「八重洲ブックセンター」とこの「丸善」。
ブックセンターができたときはビッグニュースだった。
それまでこの界隈に、総合的な書店がなかったのだ。
読めもしないのに洋書が目当て。
映画関係やデザインの書籍が狙い目だが、海外の絵本も大好き。
20年も前の話だ。

本命は日本で発売されていないディズニーアニメの直輸入VHSテープ。
ディズニー輸入ビデオの販売は、上記2店舗の他
新宿は「ヨドバシカメラ」と「紀伊國屋書店」。
秋葉原は「石丸電気」。銀座は「イエナ」。これくらいしか扱っていない。
毎月1作ずつ発売され、1本8500~9000円したものだが、
いつも発売日を予想して、それが近づくとこの6店舗に日参した。
なにしろ、自分はディズニーで育ったのだという
特別な思い入れを持っているのだ。

P1130316.JPG●直輸入版ディズニーVHSビデオ

関連記事は「昭和館・本館」のディズニーカテゴリー
  
     http://fcm.blog.so-net.ne.jp/archive/c45409934-1
 
    http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301486730-1

P1180243.jpg
●中央通り 日本橋から京橋方面 右・丸善/左・日本橋高島屋

「丸善」の対面が「日本橋高島屋」。
次回は中央通りにコースを戻して、日本橋を歩く。
(paceさん、丸善はこの程度でごめんなさい)

                                   つづく





前の6件 | - 新橋・銀座・京橋・八重洲・日本橋 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。